日記

January 12, 2011

ゆるゆると始動

遅ればせながら、新年おめでとうございます。

気付けば1月も3分の1が過ぎていました。
お正月は実家に帰省していて、箱根駅伝を観戦してきました。
110112sinnen_3

「駅伝見るならテレビが一番!」と思っていましたが、やっぱり生はいいですね。
沿道の観客が一丸となり、旗を振りながら「頑張れ~!!」と声援を送る、そのライブ感に、正月早々、清々しくもテンションが上がり、いい「気」をもらった気がしました。

その後は、茅ヶ崎海岸(現:湘南サザンビーチ)にも立ち寄って。
頭の中を流れるBGMは、サザンの「海」。
茅ヶ崎の海は、やっぱり落ち着きます。
110112eboshiiwa_3
(中央に見えるのがえぼし岩です。)

子供の幼稚園も始まり、ようやく自分の時間も出来るように。
社交ダンスの踊り初めもしてきました。

今年は、あれもしたい、これもしたい、と年初から願望が渦巻いていたのですが、おみくじで、「手を広げすぎるのは良くない、何事も控えめがよし」とあったので、欲張らず、ゆるゆるとスタートすることにしました。

年初に当たり、いくつか目標も立てました。
年末の同窓会や年賀状などで、途切れがちのこのブログを
未だ楽しみに見てくれている友人がいることも知ったので、
今年はもう少しまじめに更新できたらとも思っています。

本年もよろしくお願いいたします。

| | TrackBack (0)

December 09, 2010

きっかけはクリスマスリース

101208xmas

先週の話になりますが、友人に誘われ、初めての「リース作り」にチャレンジしてきました。

友人「ねぇねぇ、クリスマスリース作りとか、興味ある?」
私「う~ん…ないねぇ(即答)」(笑)。
確かに、これまでだったら、ほぼ食指の動かないであろう分野だったから。
でも、2011年に向けて、何か新しいことにチャレンジしてみたいとは思っていて、リース作りをすることで、「創造性」とか「女性らしさ」とか、今の自分に足りない部分を補えるようになれば、と思って。

主催は市内のお花屋さんで、講習代は、花材などの実費のみという超良心的スタイル。しかも、キットなどで決められたものを作るのではなく、売り場の中から、土台となるツルから自分で選ぶので、完全なオリジナル作品が作れるのです。
嬉しい半面、ちょっとプレッシャーで、お家に飾れるような代物は完成しないのでは、あまりの不出来に居たたまれなくなり、途中で放棄したくなるのでは、などなど不安もあったのですが…これが予想外に楽しかった!!予定時間の2時間を大幅にオーバーしながらも、何となく満足のいく作品が出来上がりました。今は、玄関の壁に飾って、時々眺めてはニヤニヤしています。

これを機に、もっともっと花を楽しみたい、という意欲もわいてきました。早速、部屋に薔薇の花を飾ったり、玄関先に花を植えたり。次期講習会(今度は「寄せ植え」)への参加も検討しています。来年は、「目指せ!花のある暮らし」です。

クリスマスリースをきっかけに、2011年は「NEW南美」になれるでしょうか。

| | TrackBack (0)

November 27, 2010

伊集院くん

先週の話になりますが。
平日の昼間、突然の母からの電話。
「あなた、今、家にいる?」
「うん。あと少しで出かけるけど」
「じゃあ、ちょっとだけテレビつけてみて。『徹子の部屋』に伊集院くんが出てる!!」
sign02
よくよく聞いてみると、当日の『徹子の部屋』のゲストが『沖仁さん』という国際的に有名なフラメンコギタリストで、番組途中に、沖さんが弾くフラメンコギターに合わせて踊るフラメンコダンサーが登場。それが、大学時代の私の後輩・伊集院くんだと言うのです。

慌ててテレビをつけると…ちょうど伊集院くんのアップsign03
肩にかかる髪を振り乱しながら激しく、かつ繊細なサパテアード(靴音でリズムを打ち出す技のこと)を踏む姿は、当時の面影こそ残しながらも、すっかりプロのバイラオール(男性のフラメンコの踊り手)そのもの。時間にすると、恐らく1、2分という短い間だったと思いますが、その姿に思わず見入り、そして大感激してしまいました。

伊集院くんとの出会いは、大学のサークル活動です。当時、発足したての弱小フラメンコサークルに所属していた私。部員は5人に満たず、別大学から助っ人を借りながら、何とか春の新歓イベントでのステージ発表にこぎつけたのですが、そのステージを見て入部を希望してくれた稀有な男子(?)が彼でした。
高校時代は、少林寺拳法か何か、ダンスとは全く畑の違うスポーツをしていたと聞きましたが、入部当時から、フラメンコに対するのめり込み方は凄かった。他の部員が練習を休んでいる時も、体育館の鏡張りの部屋で、一人でサパテアードを練習していたし、そのうち、全国的にも有名な先生に師事し…ほぼフラメンコ漬けの毎日だったのではないかしら。
当時はまだフラメンコブーム前夜のような時代で、中でも男性の踊り手は本当に少なく、どこに行っても「慶応の黒一点」として注目を浴びていた彼。ましてや「伊集院史朗」というスターばりの名前と、少し日本人離れした飄々とした風貌も手伝って、一度覚えたら、なかなか忘れられない存在感があったのだと思います。私のステージ発表があると、いつでも差し入れを持って駆け付けていた母(当時、ステージママとして有名だった宮沢りえさんの母「りえママ」をもじって、「なみママ」と呼ばれていましたcoldsweats01)も、強烈な印象を持って、彼を記憶していたのでしょう。

卒業後は、あまり会う機会もなかったのですが、風の噂で、フラメンコだけではなかなか生計が立たないので、フラメンコと派遣社員と、二足のわらじで頑張っていると聞きました。その後、かつて私が師事していた先生のステージを、都内の某スペイン料理店に見に行った時、バイラオールとして参加している彼に久しぶりに再会。ぶれずに頑張っているんだなーと、感心と尊敬の想いでいっぱいに。それから幾星霜…!?またまた久しぶりに見た彼の姿が、今回の『徹子の部屋』だったのです。

伊集院くんの姿を見ると、いつも深い感慨を覚えます。フラメンコの何が、それほどまでに彼の心をつかんで離さなかったのかは知る由もありませんが、ビビビと何かを感じ、その一点を目指して、学生時代と変わらぬ情熱で突き進んでいる(ように見えました)その姿を見ると、考えずにはいられないのです。
私はかつて、何かにそれほどまでに情熱を注いだことがあるのか、今、心から打ち込めることがあるのか、そしてこれから先、そんなものに出会えるのか。

| | TrackBack (0)

November 05, 2010

芸術の秋in笠間

祝日の3日、隣町の笠間市で開催されていた「匠のまつり」に出かけてきました。

毎年、この時期に、笠間芸術の森公園内で行われているこのイベント。笠間焼をメインに、総出店数160を超える陶器屋さんや食べ物屋さんが、軒を連ねます(by笠間市HP)。陶器好きなママ友からの情報で、掘り出し物もあるし、子供を遊ばせるスペースもあるしと聞き、ぶらっと足を運んでみました。

絶好の行楽日和の空の下、車を飛ばして現地に到着すると、駐車場の目の前の小高い丘の上に、超巨大滑り台が!!当然、子供は、「ここであそぶーhappy02」。開催時間は午後4時まで、時すでに午後2時前…。掘り出し物散策は諦めかけたその時、くだんのママ友から「今、来たよ~」とメールが…何てグッドタイミングnote同行していたパパさんに急きょお子守りをお願いし、女2人、小一時間ほど市をブラブラすることが出来ました。(パパさん、どうもありがとうございました!!)

彼女は、好きな作家さんの作品を嬉しそうに買っていました。私も、終了間際に、素敵な「どんぶり」をゲット。
1105donburi


画像では分かりにくいですが、ビッグサイズのラーメンどんぶりです。ほのぼのとした色合いとキュートなドット柄、1500円という破格のお値段にひかれて決めました。素朴な雰囲気なので、煮物を入れてもいいなかぁ。

素敵な陶器たちを沢山見て、つかの間、芸術の秋を満喫できました。(子供は遊具に夢中で、スポーツの秋。)

| | TrackBack (0)

October 27, 2010

季節は進む

一気に季節が進みました。

ついこの間まで半袖の陽気だったと思ったら、一転して冬のような寒さ。昨夜からついに、暖房デビューしてしまいました。
気付けば10月も下旬。猛暑の名残りか、服装も気持ちもなかなか季節に追いつきません。

そんな中、今年も早くも購入しました。「夢をかなえる人の手帳2011」、通称「夢かな手帳」。藤沢優月さんという文筆業を営む女性が考案した手帳で、要は、自分の夢=目標を見付け、時間を味方につけながら、その夢をかなえていくための工夫が施されたスケジュール帳です。

この手帳を使い続けて、かれこれ4~5年。学生時代の親友の勧めで試しに1年使ってみたところ、とても使いやすく、以来、昨今の手帳ブームの中、浮気もせずに「夢かな派」で通しています。果たして夢がかなっているのかは、微妙なところですが…その「心意気」が大切ってことでcoldsweats01

この手帳、きたる新年に思いを馳せる余裕を持つため、11月始まりとなっています。よって私は、一足早く、来週から気持ちもちょっぴりリニューアル。来年に向けても、この手帳と共に、毎日を充実して過ごすことが出来たらと楽しみにしています。

| | TrackBack (0)

May 26, 2010

訃報に接して

少し間が空きましたが…
先週末、ウェザーニューズの石橋博良会長死去の報せが届きました。

ウェザーニューズは、私が新卒で入社し、8年間お世話になった会社。気象の「き」の字も知らなかったのに、何故だか興味があって関連の新聞記事を切り抜いていて、就職活動のさなか、ふと目にした大学の就職掲示板で新人募集のお知らせを目にし、ギリギリセーフで最終日の説明会に滑り込み…。最終の社長面接で、当時、予報士の資格も持っていないクセに、「お天気キャスターになりたいです」と豪語した私を拾って下さったのが、当時、社長だった石橋さんでした。

その圧倒的なカリスマ性、独創力やパワフルさは、社員全員で向かっていっても到底叶わないほどで、多分、悩みも戸惑いも多かったあの頃、石橋社長(当時)の話を聞くことで、モチベーションを上げたり方向性を確認したりして。色々なチャンスも与えていただき、どうにかこうにか夢も現実のものとすることが出来ました。今の私があるのは、石橋社長のお陰だと思っています。

まだ会社の規模も今よりずっと小さかったあの頃、社長宅にお呼ばれしてパターゴルフをご一緒したこと、納得行かないことがあり、1人直談判しに行ったこと…、今回の報を受け、色んなことを走馬灯のように思い出しました。

ご冥福をお祈りいたします。

| | TrackBack (0)

March 02, 2010

色々な春

3月になりました。

さすが偕楽園のお膝元、水戸市内には至るところに梅の木があって、この時期は、赤や白、ピンクの花が、あちらこちらで私たちの目を楽しませてくれます。庭のクロッカスも、先週の度重なる雪にも負けず、順調につぼみを膨らませていました。(早春の花に黄色が多いのは、受粉のために、目立つ色で虫たちをおびきよせているから、と何かで読んだことがあります。本当かな?)
100301haru_2

春になっても、特に何が変わる予定もない私。春の訪れと言えば、先週から始まった「花粉の春」くらいでしたが、今年は一つ大きなイベントが。息子くんの保育園の「卒園」です。

すでに式の練習は始まっているようで、家でも「い~つの~、こと~だか~note」と歌ったり、「ぼくたち!わたしたちは!…お別れです!さようなら!さようなら!」なんて大声で繰り返したり。
この年の子供たちには、「卒園」という現実は、分かるような分からないような。4月からの急な環境の変化に、子供たちが愕然としないよう、先生も一応の事実は伝えているようですが、実際は、4月になって、お教室が違う!!これまでのお友達もいない!!という状況に直面して初めて、自分の身に降りかかった事態の重大さ(?)に気づき、動揺してしまう子も多いんだそうです。

「もう3月で、○○先生(担任の先生)とはさよならなんだって~」「4月からは幼稚園に行くんだって~」と、無邪気に私に語りかける息子くん。もう大好きな先生と会う機会もほとんどなくなること、毎日のように遊んでいたお友達とも離れ離れになってしまうこと、そして、そうした「お別れ」を、まだ「かなしい」と感じないことに、ママの方が秘かに切ない気持ちになっています。何事にも終わりがあるからこそ人生は楽しく、そして思い出は美しいのだと解ってはいるけれど…。

息子くんのお陰で、今年は「ほろ苦さ」や「切なさ」が、私の春に彩りを添えてくれています。

| | TrackBack (0)

September 14, 2008

運動会とお月見

080914mangetu
きょうは運動会でした…と言っても、子供のですが。
まだスタートもゴールもよく分かっていない保育園児ちゃんたちが、体育館でパタパタと迷走(?)するようなレースが中心でしたが、それでも競技前はドキドキ、観戦中はワクワク。遠路はるばる「ばぁば」まで応援に駆けつけてくれて、ささやかなスポーツの秋を味わいました。

夜は中秋の名月だったので、もち米を蒸してつぶして、ゴマをまぶして、「なんちゃっておはぎ」に。食べるものは食べておきながら、肝心の月のことはすっかり忘れていた矢先、ふと見上げた窓の向こうに真ん丸お月様を発見。うっすら雲がかかっていたのか、ぼんやりおぼろ月。しばし、家事の手を休め、インスタントお月見会となりました。けさまでの天気予報では、きょうは終日すっきりしない予報で、月見は期待薄と思っていたので、ちょっと得した気分です。

ささやかながら、きょうは秋の行事、二連チャン。季節を楽しむって、心がほんわか豊かになる感じがして、いいですねぇ。

| | TrackBack (0)

September 03, 2008

水族館に思う

080903aquarium
魚と都会の空気に癒されに、ふらっと六本木ヒルズの水族館へ。

最近、自分の中で水族館が秘かなブームで、ここ2ヶ月ですでに3度目の水族館詣で。ヒルズの「スカイアクアリウム」は、ヒルズ52階の展望台に、今月末までの期間限定でオープンしていて、魚たちと東京の展望とのコラボが楽しめる、水族館というよりはアートな感じのスポットです。
エントランスのニモ(クマノミ)3000匹に始まり、水槽の中に再現された海中世界は、まるで絵のような美しさ。やたら薄かったり屏風型だったり、変わった形の水槽に閉じ込められている魚たちは、窮屈そうでちょっと可哀相ではあったけれど。各水槽をゆっくり眺めながら歩いていたら、出た時には小一時間ほど経っていました。

地球の表面積の7割は海で、水が液体で存在できるのは、太陽系の中では地球だけ。小さな海中世界を覗きながら、この恵まれた環境を、むやみに破壊するようなことがあってはならないんだなぁと感じました。ちなみに、ヒルズの屋上では、遮るもののない強い日差しを利用して、サンゴの養殖実験が行われていました。環境のことを考える種は、色んな所に落ちています。

魚見て都会の絶景見て、ショッピングして…帰る頃にはだいぶ心が軽くなっていました。アクアリウムのチケットをくれた友達、どうもありがとう。

| | TrackBack (0)

August 31, 2008

往く年・往く夏

080831kumo_4

往く夏を惜しむように、輪郭のハッキリとした存在感のある雲が浮かんでいました。

誕生日を機に、心機一転、9ヶ月ぶりの更新です。バタバタしていたこともあるのですが、実は嫌がらせのようなものを受けまして、個人的なことを色々と書くのを控えていたのです。ここに名前を挙げてしまったために、ご迷惑をかけてしまった友人・知人の皆さんもいるかもしれません。この場を借りて、ひと言お詫び申し上げます。すでにしかるべき場所に相談しています。

昼間のモクモク雲は、夜には雨雲に変身し、家の周りでもひと雨ありました。
今年の夏は本当に天候が不順。私も何度となくザーザー降りの雨にやられました。南の太平洋高気圧も北のオホーツク海高気圧も、どちらもイマイチぱっとしない、主役不在の夏。日本付近に、湿った空気が流れ込みやすくなっているんですね。
それにしても、この雨の降り方。何でもかんでも温暖化のせいと言いたくはありませんが、こんな天候にも遠からず温暖化が影響しているのでしょうか。アンチも含め、温暖化にまつわる本を読めば読むほど、真実が何なのかが分からなくなってきます。子供たちに伝える立場でもあるので、自分なりの軸をしっかり見つけ、自信を持って語れるようにならなくては。

誕生日は淡々と過ぎてゆきました。何件かのお祝いメールや電話を貰い、買ってもらったケーキで軽くバースディ気分を味わって…おしまい。でも、このくらいの方が、気負いなくていいかもしれません。この1年のテーマ…う~ん、ゆっくり考えよう。何かと肩に力が入りすぎる私なので、少し脱力モードぐらいでいいのかも。とりあえず、あすからの1日1日を大切に過ごしましょう。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お仕事 | 天気・環境 | 子供 | 日記 |